この実支援センター

 

手稲山の麓にある「手稲この実寮」(入所更生施設)は、その役割を終えて、平成20年3月北海道内で初めて、入所を廃止しました。

かつての手稲この実寮は、現在、作業活動の場、事務所、会議室などとして活躍しています。

平成20年4月28日 北海道新聞朝刊
平成20年4月28日 北海道新聞朝刊
平成20年4月北海道新聞.pdf
PDFファイル 1.8 MB

 

 

 

4人部屋
4人部屋

 

二度とこのような暮らしに帰らぬために、旧1寮の一部は、資料室となっており、多くの方々が見学に来ています。

 

 

 

現在は、地域生活支援センター「サテライト2・6」(自主事業)を拠点に、暮らしを展開しています。かつて入所施設を利用していた人たちは、17カ所の住居に別れて生活しています。