法人の沿革

昭和48年 1月 

「社会福祉法人千歳いずみ学園 手稲この実寮」開設(1寮)

 

(日本自転車振興会より競輪の補助金)

昭和54年10月 法人分離により「社会福祉法人札幌この実会」として独立
昭和55年12月 寮舎1棟増築(2寮)(日本自転車振興会より競輪の補助金)
昭和56年11月 体育館建設(国庫補助)
昭和57年 4月

西区山の手にて地域生活を始める

 

     地域での暮らしを願い「さざ波寮」と命名

昭和58年 7月 1寮改修(車両競技公益資金記念財団より競輪の補助金)
昭和63年 9月 1寮改修(車両競技公益資金記念財団より競輪の補助金)
平成 元年 4月 グループホーム「グルッペ101」開設
     12月

「北の沢デイセンター」開設

 

(日本自転車振興会より競輪の補助金)

平成 5年 2月 「第2この実寮」開設(日本自転車振興会より競輪の補助金)
     10月

第2この実寮体育館建設(日本自転車振興会より競輪の補助金)

平成 9年 1月 「札幌この実会センター24」開設(国庫補助)
     10月

「地域交流ホーム」建設(日本自転車振興会より競輪の補助金)

平成11年 4月 「北の沢デイセンター中央区分場」開設
     11月 中央区サポートセンター「い~な・い~ず」開設
平成13年10月

中央区サポートセンターが障害児(者)地域療育等支援事業の

 

指定を受ける(平成14年度より相談・援助サービス事業を

 

「相談室ぽぽ」と名づける)

     12月

「この実サポートステーション」開設

  (日本自転車振興会より競輪の補助金)
平成15年 7月 「い~な・い~ず」居宅介護事業所として認可
平成16年 4月 南区自立トライセンター「ちゃれんじ」開設
     12月 「南9条通サポートセンター」建設(日本財団の助成)
平成17年12月 「サテライト2・6」建設
  (日本自転車振興会より競輪の補助金)
平成18年 4月 中央区サポートセンターに居宅介護等事業所「ばでぃ」開設
      5月 南区川沿に居宅介護等事業所「みんな・み~な」開設
平成19年10月 相談支援事業「居住サポート こんぱす」
平成20年 4月 「手稲この実寮」廃止 「この実支援センター」となる
      6月 中央区サポートセンターに
              「児童デイサービス に・こ・ぱ」開設
      7月 「い~な・い~ず」を廃止し「ばでぃ」と統合
平成21年 3月 中央区サポートセンターが「社会福祉法人あむ」として独立
  4月から新設法人により事業を開始
      4月

この実サポートステーションはた・ら~くが新体系に移行し、 

    この実サポートステーションすてっぷ(生活介護)   
  北の沢デイセンターが新体系に移行し、 
     多機能型事業所(生活介護+就労継続支援B型≪ちゃれんじ≫)
      8月 「らーめん屋みらくる」開店
      9月 札幌市重症心身障害児(者)通園事業(B型)
              「さうす通園センター」開設
平成22年 4月 「この実福祉塾」開設
      9月 「北の沢デイセンター交流多目的施設」建築
  森林整備加速化・林業再生事業(木造公共施設等整備)の補助金)
      9月 「北の沢コミュニティガーデン・みんなの丘」を整備
  (札幌市都市緑化事業・さっぽろガーデンシティ活動事業助成金)
     10月 南区に「北ノ沢活動センター さん・れすと」開設
平成23年 9月

「社会福祉法人NIKORI」が8月に認可となり、センター24は事業 

 

譲渡、 贈与契約の履行により、9月をもって事業廃止

  10月から新設法人により事業開始
  札幌市重症心身障害児(者)通園事業(B型)「さうす通園センター」
  契約解除により事業廃止
平成24年 4月 北の沢デイセンター、生活介護に一本化
  相談支援事業「居住サポート こんぱす」を
                               「ほっと相談センター」に変更
平成27年 4月             

「もいわサポートセンター」開設

平成28年 9月

 「社会福祉法人藻岩この実会」が8月に認可となり、北の沢デイセンター
 

、第2この実寮、もいわサポートセンター、Porte(ぽると)は事業

 

譲渡、 贈与契約の履行により、9月をもって事業廃止

  10月から新設法人により事業開始
   
  現在に至る